Top > ボーカル教室 > 歌が上手くなるリップロールのコツは?

歌が上手くなるリップロールのコツは?

カラオケに行くことが好きで今よりももっと歌がうまくなりたいと考えている方や、将来歌手や声優などを目指しているという方は早くから独学でもボイストレーニングを始めるに越したことはないといわれています。独学でボイトレを行うなら基本として行うべきだといわれているのが「リップロール」です。リップロールは唇を閉じた状態で空気を排出することで、唇をブルブルと震わせながら音を発生させる練習方法です。正しい発声を身に付けるために理にかなった練習方法であり、独学の方でも教本や動画などを参考に手軽に練習を始めることが可能です。
最初は唇を閉じた状態でブルルとしっかり震わせられるように繰り返し練習をし、問題なく行えるようになったら音と音階を加えていくことがポイントです。実際にこの練習方法は横浜ボーカル教室などでも取り入れられており、手軽で効率の良いウォーミングアップとして認められています。

横浜のボイトレ教室はここ

ボーカル教室

関連エントリー
裏声の種類とは歌が上手くなるリップロールのコツは?ヴォイトレ上達に影響してくる選曲
カテゴリー
更新履歴
裏声の種類とは(2020年10月25日)
歌が上手くなるリップロールのコツは?(2020年10月21日)
ヴォイトレ上達に影響してくる選曲(2020年10月16日)
どこかの時点で丸坊主にしてしまおうと思っている(2020年3月 4日)
卓上カレンダーはいいものです(2019年3月30日)