MENU

上手な薄毛・ハゲの隠し方とは!?様々な方法はこちらでチェック!

「最近ちょっと薄毛が気になる…」一度そう思ってしまうと外に出るのに気が進まない、人に会うのが億劫になってしまうことも珍しくありません。

 

頭は人目に付きやすい場所ですから、気になるとどうしても気持ちが後ろ向きになってしまうものです。そんな時、前向きな気持ちになるために薄毛を隠すというのは効果的な方法です。

 

また、薄毛を実際にどうにかしたいと考え、発毛や育毛に取り組んだとしても、満足できる髪の毛の量になるまでにかなりの時間を要することもあります。髪の毛の量が増えるまで、一次的に薄毛を隠せないかと考える方がいらっしゃるのも、また当然です。

 

そこで、髪の量に悩むアナタに向けて、薄毛をさり気なく隠したり、カッコよく見せつつ隠したり出来るような方法をご紹介します!

 

 

定番はやっぱり帽子!でも被り方によっては薄毛を悪化させる!?

 

 

 

薄毛を隠す定番のアイテムと言えば、やっぱり帽子ですね。

 

被るだけで手軽に薄毛が隠せますし、さらにオシャレアイテムとしても役立ちます。

 

ただ薄毛を隠すための手段としてだけではなく、ファッションとしても楽しむことができる点で、メリットが大きい方法です。

 

帽子を被ることを薄毛隠しではなくオシャレの一環と考えると、気分も前向きになりますしね。気持ちの面で前向きになれることも、薄毛を隠すうえではとても大切なことです。さらに、帽子は上手に被ると、薄毛予防にも役立つという優れモノなんです!

 

ですが、この薄毛を隠す定番アイテムとも言える帽子は、被り方を間違えると薄毛を悪化させることもあるので要注意です。つまり、被る帽子をきちんと選んで正しい被り方をすることが大切なんですね。

 

紫外線を防ぐ!夏に帽子が薄毛予防に役立つ理由

 

帽子は通年同じものではなく、季節によって変えるのがオススメです。「夏用」と「冬用」の帽子を用意しておけばOKですよ。

 

それぞれの季節によって選ぶポイントが違いますので、まずは「夏用」の帽子を選ぶポイントをご紹介しますね。

 

日光には紫外線が含まれていることは皆さんご存知の通りですが、実は頭皮は体の一番上にあることから、体の2〜3倍もの紫外線を浴びていると言います。

 

 

 

紫外線を多く浴びることによって頭皮が炎症を起こし、毛根がダメージを受けて髪の毛が抜けやすくなってしまうんですね。

 

そこで、帽子を着用することによって紫外線を防ぐことが抜け毛予防に役立つと言えるんです。

 

冬は保温が鍵になる!帽子で頭の冷えを予防しよう

 

一方、冬になると、紫外線はそれほど気にしなくても良くなりますが、そのかわりに気になるのが寒さです。体が冷えると血行が悪くなりますが、それは当然頭でも同じことが起こっています。

 

髪の毛は毛母細胞で作られるのですが、毛母細胞が活発に働くには、血液を通して酸素や栄養が頭まできちんと届けられることが必要です。ところが、頭が冷えると血流が悪くなり、必要な酸素や栄養が頭まで届かなくなってしまいます。

 

さらに、毛母細胞自体、活発に働くのは温度が36.5度〜37度くらいの時なんだそうです。ということは、頭の温度が下がれば毛母細胞の働きも悪くなるんですね。そこで、冬の場合は帽子で保温することが薄毛改善に役立つと言えるのです。
合わせて、冬は乾燥しやすい季節でもあります。乾燥は肌荒れの原因なので、帽子を着用することで乾燥を防ぐことも大切です。
髪の毛に優しい帽子の種類を季節ごとにまとめてみた

 

では、毛髪に優しい帽子の選び方について確認しましょう。

 

季節 お勧めの帽子 理由
夏 麻・綿・麦わらなどの素材の帽子 通気性がよく、
また洗濯可能なものがおすすめ
冬 アクリル・ウールなどの素材の帽子 保温性が高いもの
これらを元に、薄毛対策に役立つ髪の毛に優しい帽子を見つけたいものですね!

 

他にもおすすめの帽子や、帽子を被ることによって頭皮環境がどう変化するのかを細かく紹介している記事があるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

「はげるから帽子NG」は勿体無い!毛髪に優しい帽子の選び方
「帽子=はげ」は本当?帽子が薄毛を招く理由

 

帽子をかぶっているとはげてしまう…そんなウワサを聞いたことがある方は多いと思います。実際そう思っている方も少なくないのではないでしょうか?

 

帽子は確かに薄毛の対策方法としてかなり有用なのですが、使い方を間違えると頭皮環境を悪化させてしまうのも事実なんです。

 

これをやったら逆効果になってしまうという、悪い帽子のかぶり方とは

 

通気性の悪い帽子を長時間被る
きつい帽子や圧迫するような帽子を被る
の主に2つです。

 

先ほど、紫外線などが原因で頭皮が炎症を起こすと抜け毛につながることに触れましたが、通気性の悪い帽子を被ると汗や蒸れで頭皮に炎症が起こりやすく、それが抜け毛を招いてしまいます。そのため、通気性の悪い帽子を、しかも長時間被るのは髪の毛には悪影響です。

 

ただ、きちんとシャンプーを行っていれば頭皮環境は問題なくリセットされますので、帽子をかぶった日、特に汗をかいたような日はきちんとシャンプーをして頭皮を清潔に保ちましょう。

 

そのまま放置しておくと薄毛対策どころか薄毛の原因になってしまう可能性も十分にあります。

 

サイズきつい帽子を被ると頭皮の血流が悪くなる

 

次に、きつい帽子を被ると、頭皮の血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなると頭まで酸素や栄養が届きにくくなりますので、これも髪の成長を阻害してしまいます。

 

例えば職場でどうしてもそういった帽子を被ることが必要など避けられない理由がある人は、時々被り方を変えてみたり頭皮マッサージをしたりしてみましょう。

 

さらに、職場で被るヘルメットなどにありがちなのが、頭を圧迫してしまうことです。これは薄毛隠しのために被っているのではなく、仕事上被っているので避けられないという面もありますが、頭皮が圧迫されるとその部分の髪の毛が抜け落ちてしまうこともあると言いますから、不安材料ではあります。

 

そんな時には、専用のインナーまたはバンダナを間に入れて被ることで、悪影響を防ぐこともできるんですよ。

 

ほう、なるほど。帽子は薄毛を隠すだけじゃなくて、実際に薄毛予防にも役立つ優れ物なんだな。オシャレアイテム、なんて言われると、気分よく薄毛が隠せるってもんだぜ。
でも、被り方に気をつけないと、薄毛を悪化させることもあるんだってな。それだけは避けたいから、通気性やきつさなんかについてはちゃんと確かめた方が良さそうだな。

 

薄毛をカバーできるカッコいい髪型一覧

 

薄毛を隠したい時、何かを使って隠そうと思うかもしれませんが、何も使わなくても薄毛を隠せる、お手軽な方法があるんです。それが、髪型を変えるということです。

 

実は、薄毛が分かりにくい髪型があることを、皆さんはご存知ですか?

 

今の髪型だとなんだか薄毛が目立ってしまうと感じている…そんなアナタは、気になる部分がカバーできる、薄毛でもカッコいい髪型を試してみてはいかがですか?

 

AGA治療のクリニックでもこの方法は認められている!

 

実は髪型を変えることで薄毛を隠す方法は、実際に薄毛治療に取り組むクリニックの先生もお勧めしている方法でもあるんですよ。

 

AGA治療の専門クリニック、脇坂クリニック大阪では、薄毛には以下のような様々なタイプがあるので、それによって似合う髪形が違うことを指摘しています。

 

 

 

では、薄毛のタイプ別に似合う髪型をご紹介しましょう。

 

前髪が薄めの方に似合う髪型はコレ!

 

おでこがM字型に薄くなる、いわゆるM字はげの人の場合、ソフトモヒカンがお勧めです。前髪をふわっとさせることで、薄毛が目立ちにくくなります。また、ショートレイヤーも向いています。

 

ゆるくパーマをかけて前髪にボリュームがあるように見せるとオシャレかつかっこいいスタイルになりますよ。

 

おでこが真ん中から全体的にハゲてしまう、いわゆるO型はげの人の場合、ソフトモヒカンやスポーツ刈りがお勧めです。髪が長いと、どうしても薄毛とそうでない部分の境目がはっきりしてしまいますので、短い髪が似合います。

 

全体的に髪の毛の長さは短めにして前髪が薄い印象をなくすようなヘアスタイルにすることがポイントになります。

 

こういった「前髪が薄いことが気になる」という方はオールバックは絶対にやめましょう。はっきりとM字部分(またはO部分)の生え際が見えてしまいますのでごまかしが効きません。

 

つむじハゲが気になる方にオススメの髪型はコレ!

 

つむじ部分や後頭部が気になる人、いわゆる「つむじハゲ」の場合、前側の髪を後ろに流すことで薄毛を目立たなくするオールバックが向いています。全体的に髪を後ろに流すタイプもあれば、真ん中・七三などで分け目を作る方法もありますので、アレンジも可能です。

 

また、ツーブロックもオススメの髪型のひとつです。サイドを短くし、トップにボリュームを持ってくるタイプの髪型なので頭頂部にボリュームが出やすく気になる部分をカバーしやすいヘアスタイルになっているんです。

 

ツーブロックは清潔感もあり、かつビジネスシーンにもピッタリの髪型なので非常にオススメです!

 

 

 

薄毛でも似合うメンズの髪型をご紹介!ヘアスタイル7選
すべての薄毛に合う髪型は「坊主」!

 

これらのどの髪型も難しいというほど髪の毛の量が少ないのなら、スキンヘッドにするという選択もあるんですよ。スキンヘッドにすると、清潔感を感じさせる上に無理に薄毛を隠そうとする印象も無くなるので、潔い前向きな印象も与えます。ただし、頭の形が見える点では注意が必要でもあります。

 

また、顔のつくりがかなり印象に影響を与えます。強面の方は初対面では萎縮されてしまうこともありますのでご注意を!

 

スキンヘッドはちょっと…という方は坊主頭でもOK。今は「おしゃれ坊主」といった、坊主頭といっても様々なヘアスタイルが提案されています。

 

髪が少ないと、つい隠したくなって長く伸ばそうと考えてしまうものなんだが、いっそのこと短髪にする方が目立たなくていいってのか。
それは新しい発見だなあ。スキンヘッドなら、オレでもまだ試せるんじゃないか?

 

薄毛が気になるのは女性も同じ!カバーしやすい髪型は?

 

薄毛で悩んでいるのは男性だけ…そんなイメージがありますが、最近は薄毛に悩んでいる女性も増えてきているんです。

 

女性にとって髪は命と昔から言われるように、重要なパーツであることは間違いありません(もちろん男性にとっても重要なパーツであることは間違いないですが)。

 

女性の薄毛は男性と違い、ボリュームがダウンしてしまうことが多い

 

男性の薄毛は「前髪が後退していく」「頭頂部が薄くなってきた」といったものが多いですが、女性は薄毛というよりも全体にボリュームダウンして、髪の毛の量が少なく見えてしまうような形が多いです。

 

これはストレスやホルモンバランスの乱れ、年齢を重ねることによって起きてくるもので、もちろん若い女性でも薄毛に悩む方も多いですが、いわゆる「更年期」に入ってくると髪のボリュームが減少してきたことを自覚する方も多いようです。

 

ただ、最近では男性と同じような「AGA」が女性にも現れるケースもあり、「FAGA」と呼ばれます。

 

基本的にはボリュームアップを目指すことが大事!

 

全体的なボリュームダウンに悩んでいる場合は、まずボリュームアップを目指すことが大事です。

 

そうなるとロングヘアー?と思いがちですが、ロングヘアーにすると髪の重みですとんと下に落ちてしまい、逆にボリュームがなくなって見えがちなんです。

 

なので正解は「ショートヘア」。短くして、レイヤーを入れることでボリュームがあるように見せるのがベストです。

 

気になる部分がある場合、それを隠すようなヘアスタイルを

 

全体的なボリュームはあまり気にならないけど、部分的に気になる…という方もいるでしょう。

 

例えば円形脱毛症が出来てしまった!なんて場合はできるだけそこを隠せるような髪型がベストです。かつ、ボリュームがあるように見せたいのであればパーマをあててふんわり見せるようにしましょう。

 

そして女性に多いのは、生え際や髪の分け目が薄くなる現象です。これはずっと同じ分け目であったり、ポニーテールをずっとしていてひっつめていた、というような方に起きやすいケースです。
簡単な方法は分け目を変えることですね。前髪付近が薄いな、と思ったらトップから持ってきて厚めの前髪にすると、前髪や生え際が薄い印象になりません。大きめのロッドでパーマをあてるのもよさそうです。
ヘアバンドなどの小物をうまくつかってカバーする方法も○。普段は気にならないのに今日はちょっと薄い気がする!と思ったら小物を使ってうまく乗り切りましょう。

 

男だけじゃなくて、女性も薄毛で悩むことがあるんだな…。髪型でカバーできるなら、コンプレックスを緩和することも出来てよさそうだ!
しかし薄毛で悩んでいる美しい女性か…同じ悩みを持つ者同士、うまくお近づきになれないものだろうか?

 

薄毛隠しに「粉」が活躍!?使い方を徹底検証!

 

薄毛を隠す「粉」と言われても何となくイメージが湧きにくいかもしれませんが、粉を頭に振りかけることで薄毛を隠すことができるという、画期的な製品があるんです。

 

正確に言えば、粉は植物性繊維もしくは植物性繊維の炭からできていて、それを静電気で頭皮や髪の毛に付着させるという方法で頭に固定しています。これを使えば手軽に薄毛が隠せますし、さらに天然の成分なので頭皮に悪影響を与えないのも特徴なんです。

 

「粉」はどうやって髪を増やしたように見せるの?

 

「粉」を使う一番のメリットは、頭に振りかけるだけという手軽さにあります。

 

それでいてカバー力もありますから、かつらや増毛、植毛と比較すると価格も安く、気軽に始められる薄毛対策アイテムといってもいいでしょう。

 

薄毛を隠す「粉」は、頭皮と髪の毛に付着します。

 

 

 

そのため、髪の毛が少なくなって目立つ頭皮も隠すことができますので、地肌が見えなくなり、より薄毛がわかりにくくなります。きちんと定着するので、落ちて周りが粉だらけになるというようなこともありません。

 

「粉」は頭皮に悪影響は与えないの?色はあるの?

 

気になるのが「粉をかけることで頭皮に悪い影響が出てしまうのでは?」という点。

 

いくら薄毛をカバーすることが出来ても、使い続けることで頭皮に悪い影響があれば使いたくないという方は多いですよね。

 

しかしその心配はありません。先程も説明しましたが、基本的にこういった「粉」は天然の植物の繊維やその炭を使用して作られていますので、頭皮に悪影響を与えることはありません。

 

さらにメーカーによってはさらに保湿成分などを配合することでより頭に優しい製品を販売しているなどの工夫をしているところもあります。

 

また、カラーバリエーションが豊富な商品まであるので、カラーリングした髪にも使える点でも便利です。一部の商品では色が14色も用意されていますので、粉をかけた部分だけ色が違って違和感が…なんてことにはなりません。

 

「粉」の使い方は簡単!たったの3ステップで完了

 

製品によって若干の差はありますが、多くの場合、薄毛を隠す「粉」は以下の手順で使用します。

 

 

 

ここで言うヘアスプレーやミストは、静電気で固定されている「粉」の定着力をさらに高める働きをするものです。

 

つまり、通常スタイリングのために使うヘアスプレーやミストとは違う役割をするものなんですね。そのため、メーカーの多くが専用のものを販売していますので、それを使った方が安心です。

 

こちらの記事の中では、実際に使用する際の動画や、さらに細かい「粉」の知識なども掲載されていますので、気になる方は是非参考にしてみてくだいね!

 

 

 

【増毛パウダー】髪の毛にふりかけるだけで薄毛が隠せます
「粉」を使う時の注意点

 

薄毛隠しの「粉」を使う際には、以下のような注意点もあります。

 

「粉」をかけ過ぎない
ヘアスプレーやミストをかけ過ぎない
育毛剤を使っている場合、乾いてから「粉」をかける
使った後はシャンプーできちんと落とす
場合によっては使えないこともある(薄毛がかなり進行している場合など)
特にありがちなのは「粉をかけすぎてしまう」ことでしょう。特に使い始めに多いのですが、隠そうとする一心で、通常量を超えてかけてしまうケースが多いようです。

 

うまく付着しなかった粉が落ちてしまったり、そこだけ異様に盛り上がって違和感…なんてこともありますので、最初はしっかり手鏡などを使いながらチェックしましょう。

 

また、育毛剤と併用している場合、ドライヤーで乾かしてもOKなので、きちんと乾かしてからにしましょう。「粉」は油分に弱いものが多く、ダマになってしまいます。

 

最後に重要なのが、産毛がないと粉は付着できないということです。円形脱毛症のようにつるんとしてしまうとダメなんです。ただしメーカーによってはスプレーの後に粉をかければOK、というケースもあるので、円形脱毛症を隠したい、という方は商品選びは慎重に行いましょう。
とても手軽で効果的に薄毛が気になる部分を隠せる商品ですが、メリットばかりというわけではないことも知って利用しましょう。

 

薄毛を隠す“粉”か。これはかなり気になる商品だな。使い方も手軽だし、静電気でかなりしっかりつくというから、頭皮に負担をかけなくて済む点でも魅力的だぜ。
使い過ぎと使った後のケアに注意すれば、より快適に使えそうだな。

 

高額だけど即効性があり多くの人が使いやすいのはカツラ!

 

薄毛が気になる男性に向けて、男性向けのカツラも販売されています。ですが、カツラと言われると何となくバレバレなんじゃないかとか、人に知られる可能性が高いんじゃないかとか、そんなことが気になるかもしれません。

 

ですが、現在のカツラは以前に比べてずいぶん改良されていますし、また種類も豊富なので、人にバレずに使うこともできる、手軽にできる薄毛隠しの方法の一つなんですよ。

 

最近は「メンズウィッグ」と言われることも!オシャレなものも豊富

 

「カツラ」と言われると、おじさんがハゲ隠しのためにかぶるもの…というイメージになってしまいますが、最近では「メンズウィッグ」とも言われるようになりました。

 

女性はオシャレとしてウィッグをかぶりますが、同じように男性もオシャレとしてかぶるもの=ウィッグとして人気が出てきているんです。

 

昔に比べるとウィッグをつけている=ハゲ、というわけではないという認識になってきているのは有り難いところですね。

 

ちなみに「ウィッグ」と「カツラ」に明確な違いはありません。加えて「医療用ウィッグ」という、病気で髪の毛が抜けてしまった方に向けて作られたウィッグもあります。
とはいえこちらも医療用ウィッグを名乗るのに認可が必要というわけではなく、おしゃれ目的の商品にくらべてより機能性に優れたウィッグ(カツラ)…という認識でいいでしょう。

 

自分好みに作ることも可能!カツラのメリット

 

皆さんが一番知りたいと思われる、カツラをかぶったときのメリットをご紹介したいと思います。

 

体質などが関係なく誰でもできる
様々な種類があり全体のカバーから部分的なカバーまで可能
希望に合わせてカスタマイズできる
自分の好きな髪型を楽しむことが可能
カツラには様々な種類がありますので、それぞれの人に合わせて利用することができます。そのため、頭の形や体質などが問題にならず誰でもできますし、また種類が多いからこそ薄毛の状態に合わせたカバーも可能です。

 

頭全体を覆うカツラなら、髪全体が薄くなっていても十分に薄毛を隠すことができます。また、例えば円形脱毛症の人の場合、その部分だけをカバーするような使い方ができる、部分カツラもあります。つまり、薄毛のタイプに合わせて選ぶことが可能なんですね。

 

部分カツラの場合、自分の髪の毛を元にしながら薄い部分にカツラを合わせることで、増毛するといったイメージで使用することができます。

 

さらに、つけ方も、もともとある髪の毛に編み込むタイプや、両面テープを利用して頭皮につけるタイプなど、いくつか種類があります。それから、毛のタイプにも人工毛と人毛があるなど、自分好みにカスタマイズできる点でも便利です。

 

具体的には頭の形から髪型まで自分のために一点ものを作ってもらう「フルオーダーメイド」、ベースの髪型はあるものの、自分好みにカットしたりパーマをあてたりすることが出来る「セミオーダーメイド」の主な2種類があります。
セミオーダーメイドはフルオーダーメイドに比べて価格も低めの設定なので、初めてのカツラにもおすすめです。

 

そして個人的には最大のメリットと思えるのが、好きな髪型を楽しめるという点でしょう。例えば職場では黒髪で短くないといけないけれど、プライベートでは茶髪で長めのヘアスタイルを楽しみたい…なんて方も休日にウィッグをかぶることで楽しむことが出来ます。

 

薄毛を隠す目的でも同じように、「今日はこの髪型にしたいな」と思ったらすぐにウィッグで楽しめる、というのはオシャレ好きの方にはたまらないのではないでしょうか?

 

メンテナンスにお金がかかりがち、カツラのデメリット

 

対して、カツラのデメリットとしては以下のような点が挙げられます。

 

1つが高額
定期的なメンテナンスが必要
バレバレにならないようにする配慮が必要
ご存知の方も多いかもしれませんが、カツラはかなり高額です。既製品でも2万円以上、フルオーダーともなれば10万円以上は覚悟しておいたほうがいいでしょう。ただしショップによってはかなり安価でフルオーダーのかつらを作ることも出来ますので、入念なリサーチが必要になると言えます。

 

またこれは当然ではありますが、全体を覆うカツラの方が値段が高く、部分的に使うカツラの方が安価な傾向にあります。

 

さらに、カツラは一回購入すればずっと使えるというものでもありません。

 

髪の毛を再現しているわけですから、どうしても傷んでしまうため、基本的な耐久年数は2〜3年、どんなに長くても5年程度で買い替えが必要になります。

 

また、きちんとシャンプーして清潔に保つなどのメンテナンスも欠かせません。

 

それから、カツラ自体は今となってはとてもバレにくくなっていますが、例えば必要以上に毛量を増やしてしまい逆に不自然に見えるなど、使い方によってはバレバレになってしまう可能性もあります。また、メンテナンスを欠かしてカツラが痛むとどうしても目立ってしまいますので、周りにバレないようにする配慮も必要です。

 

特に部分カツラの場合、自毛となじませるようにしないとはっきりと境界線が見えてしまいますので、ただつけるだけだとバレバレです。
全かつらの場合は部分かつらよりはバレにくいですが、生え際部分が不自然なものであったり、ネットが透けて見えていると気づかれてしまう可能性が上がります。
今は肌とわからないようなものや、非常に薄いものなどかなり機能性に優れたかつらも販売されていますので、「バレそうになるポイント」をクリアしている商品を選ぶことが大切と言えそうですね。

 

このようなかつらのメリット・デメリットや価格、バレないためのポイントなどをもっと知りたい!という方はぜひこちらの記事をご覧ください。

 

 

 

【メンズウィッグ】男性用かつらとは?部分かつらの基礎知識をご紹介
実際のウィッグの画像もご紹介していますので、想像しやすいと思いますよ!

 

カツラは確かに手軽だし様々な種類があるから、自分に合ったものが見つけやすいメリットがあるんだな。
だけど、値段がかなりすることや、メンテナンスが必要なことも知って使わないと、後で驚くことにもなりかねないな。要は、知識が大切ってことか。

 

潔く隠さない方法も!?女性から見る薄毛男性に対する印象

 

薄毛の人の多くは、薄毛をかなり気にしています。そのせいで自信が持てなかったりと、心理的にもマイナス方向に働いてしまうこともあります。

 

あるアンケート結果によると、男性が薄毛になりたくない理由は、カッコ悪いのが嫌だからという理由が7割以上を占めているんだそうです。
つまり、薄毛=カッコ悪いという図式が成り立ってしまって、薄毛の男性、特に若いうちから薄毛になってしまった男性にコンプレックスを感じさせてしまうというわけです。
それは恋愛面にも影響して、恋愛にも消極的になってしまうという薄毛の男性も多いのです。だから、薄毛を隠す方法に皆さん興味が湧くわけですね。

 

ですが、薄毛の男性が気にしているほど、女性は薄毛の男性との恋愛を敬遠してもいないという、興味深いアンケート調査があるんです。

 

この結果を見ると、薄毛を隠す方法だけではなく、潔く隠さない方法もあると思える方もいらっしゃることでしょう。

 

それもまた、薄毛に対する選択肢の一つで、選択が広がったとも言えそうですね。

 

本当に薄毛の男性は恋愛対象にならないの?

 

ご紹介したいのは、以下の記事です。

 

 

 

「はげ」の人は恋愛対象になる?女性500人に本音を聞いてみた
この記事によると、なんと72%の女性が薄毛の男性も恋愛対象になると答えているんですよ!

 

世代別のデータなど、詳しい内容が紹介されていますので、ぜひご一読ください。

 

薄毛に悩んでいる男性の方には「朗報」と言えるのではないでしょうか?実際、今はハゲていてもモテている方は多いですよね。芸人さんでもハゲているのにモテまくり!と有名な人もいるくらいです。

 

昔はハゲというだけで敬遠されているイメージもありましたが、今はそういったイメージはだいぶ薄れてきている…といってもいいのかもしれません。

 

恋愛対象にならない理由にも注目!

 

薄毛の人が恋愛対象にならない理由の中に、実は薄毛に対するコンプレックスを抱いている人は対象にならないという興味深い回答もあります。

 

ということは、薄毛でもそれを前向きにとらえ、むしろオープンにするくらいの雰囲気があれば、恋愛対象になるかもしれないということですよね。

 

要は、後ろ向きな気持ちを抱いてしまうこと自体に問題があるのであって、薄毛自体が問題ではないこともあるかもしれないというわけですね。

 

そう考えると、いっそのこと薄毛を隠さず堂々とした態度を取るという方法もあることがわかりますね。

 

また、「結婚相手にはOkだけど彼氏だとNG」と、立場によって違う、という方も。とはいえ外見より中身。中身がよければ外見は気にならなくなってくる」という方が多数でした!

 

世代別で色々意見が違っていることがわかるのもアンケートの面白いところですね。薄毛だから…と恋愛に消極的になっている方はぜひおすすめ記事を読んでみてください!

 

フム、これは興味深いアンケート結果だな。女性は意外に薄毛の男性でも恋愛対象として見ているのか。そう言われると、何だか自信がつくな!
それに、コンプレックスを抱いていること自体を敬遠する意見もあるのか。隠すよりも堂々と!それも一つの選択肢になりうるというわけだな。

 

思い切りがポイント!?薄毛を隠す場合もそうでない場合も堂々と!

 

以上のことから、薄毛を隠す場合もいっそのこと隠さない方法を選択する場合も、思い切りよく、堂々としていることがポイントだと言えますね。

 

もしかしたらバレるんじゃないかとか、そういうことを考えながら薄毛を隠そうとすると、どうしても態度に出てしまってかえってマイナスイメージを与えかねません

 

そこで、薄毛を隠すと決めたのなら、このカテゴリーでご紹介している様々な方法の中からご自身に合うと思えるものを選んで、自信を持って実行できるといいですね!